スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レタスの謎

世界にはまだまだ不思議が一杯だ。

レタスをザクザク切りながら、そんなことを考えていた。

そもそもこのレタス、


なんでこんな形をしているのだろう?



植物の葉と云うのは本来光合成をして太陽から放たれる光エネルギーを用いてアデノシン二リン酸からアデノシン三リンを生成し結果、物質として蓄えたエネルギーを或いはグルコースに置き換えたりして(うろ覚え)

まあとにかく、葉っぱと云うのは光合成をするために付いているはずなのだが、
このレタスという植物はどうなのだろう。


光合成の能率を上げるなら本来日の光を一杯浴びられるよう高く広く広げていくのが理想のはずであり、間違ってもぐるぐる渦巻いて中に巻き込んでしまおう、などということにはならないはずである。

レタスにしろキャベツにしろ、外側の数枚の葉を除いてほとんどの葉は光合成に役に立っていないとおもう。




と、いうような話を知人にしたところ、

「いや、レタスの葉は内側にあるものを守っているんだ。
 テレビで見た。」
といわれた。


守っている、、、、




、、、何を?


折り重なった葉をむけどもむけども、出てくるのは葉ばかりである。

これでは、バイクライダーがヘルメットを取ったらその下にまたヘルメットがあり、
それを
とって
とって
とって
とって
とって
とっていったら最後は首だけになってしまうのとそう変わらないのではないだろうか。


どうせ守るなら、種かなんかを守れよ、といいたくなるが、

レタスの種は専ら花についており、
そいつがタンポポの綿毛のようにふわふわと飛んでいって繁殖するらしい。

何を考えてるか今ひとつ分からないやつだとおもった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

V.C.

Author:V.C.
ようこそいらっしゃいました。
こちらは同人音楽サークル「大だるみ」、
およびサークル「ろばた工房」
管理者V.C.のブログでございます。
◆大だるみのHP→http://www7b.biglobe.ne.jp/~o_darumi/
◆ろばた工房のHP→http://robatakoubou.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。